「秋」を表すautumnとfallの違いは?

こんにちは。戸塚駅から徒歩3分のHinata英会話スクールで講師をしているNaokoです。

 

空気が変わり、すっかり秋めいてきましたね。
涼しくなり過ごしやすくなってきました。
そんな訳で、今日は「秋」にまつわる単語の由来をご紹介したいと思います。

 

まず英語で「秋」は何と言うでしょうか?
おそらく答えが2つ出てくると思います。
autumn」「fall」です。

実は季節を表す言葉のうち、秋だけが2つの単語があります。
「どうして2つも言い方があるの?」と不思議に思ったことはありませんか?

 

日本語でも中国から入ってきた「漢語」と日本古来の「大和ことば」があるように、英語にも英語本来のことばと外来語として入ってきた言葉があります。
autumnはラテン語から入ってきた単語で、14世紀後半の文献から残っていると言われています。
fallは英語本来の単語で、もともとは「木の葉が落ちる(fall)時期」を表しています。
四季の中で秋は実り豊かな季節なので、言い方が2つ残ったのかもしれませんね。

 

現在では、イギリスではautumn、アメリカではfallが主に使われています。
知り合いのアメリカ人に尋ねたところ、autumnを使うと少しキザな感じがすることのことでした。

 

それではまた来週。
Keep on studying English!