king とemperorの違いとは?

こんにちは。戸塚駅から徒歩3分のHinata英会話スクールで講師をしているNaokoです。

 

ゴールデンウィークも明けましたが、皆さん楽しい休日をお過ごしになりましたか?
天皇陛下の退位が決定しているので、来年の今頃は「平成」から新しい年号に変わっていることでしょう。
ところで天皇と言えば、「king(国王)」と「emperor(皇帝)」の違いを皆さんはご存知ですか?

 

King(国王):一つの国、あるいは一つの民族の君主の位についている者の呼び方
Emperor(皇帝):複数の国や民族で出来ている帝国の君主の呼び方

 

以上のような違いがあります。
ただし、実際の呼び方は習慣によるところが大きいので、このように区別していない場合もあります。

 

では、ここでクイズです!
現在、世界で「king」がいる国をご存知ですか?
答えは…
Thailand(タイ)です。
実は公式名は「the Kingdom of Thailand」と言います。
Kingdomとは「(王・女王の君臨する)王国」のことです。名前からもkingがいることが分かりますね。
因みに、君主が女性であれば「queen(女王)」になります。
他にもkingのいる国はありますので、ご興味のある方はネットで調べてみて下さいね。

 

残念ながら現在「emperor」は存在しないと言われています。
なぜなら、かつて「ローマ帝国」や「ペルシャ帝国」など帝国(empire)があった時代に、その君主を「emperor」と呼んでいたからです。
ただし例外として日本の「天皇」は伝統的にemperorと呼ばれています。

 

それではまた来週。
Keep on studying English!