「客」は英語で何と言う?

こんにちは。戸塚駅から徒歩3分のHinata英会話スクールで講師をしているNaokoです。

 

先日、生徒さんからこんな質問を受けました。
「『昨日、お客さんが来た』と言いたいのだけれども、英語でどう言ったらいいですか?」
実は、返答に困ってしまいました。
なぜなら、もう少し具体的な情報がないと、これだけでは英語に出来ないのです。
それは、どんな種類の「客」なのかによって、使う英単語が違うからです。
お店の客なのか、ホテルの客なのか、自分の家に招いた客なのか…
英語では全て違う単語を使って表現します。
では、一緒に違いを確認してみましょう。

 

guest:招待客、ホテルの宿泊客
visitor:訪問客、見舞い客、来客一般
customer :商店の客
passenger:乗客
client:弁護士や会計士などの客

 

こちら側が招いた客なら「guest」、こちらの意志に関係なくやってきた客なら「visitor」になります。
もし、こちら側が招いた客であれば、こう言いましょう。
We had two guests yesterday.
(昨日、招待客が二人来た)

 

いかがですか?
日本語だと「客」と言えば、前後の会話の関係からどんな種類の客なのか判断すると思います。
もちろん、英語でも前後の会話の内容によって判断出来ますが、表現する単語自体が違いますので注意が必要です。

 

それではまた来週。
Keep on studying English!