「春」と「泉」の共通点は何でしょう?

こんにちは。戸塚駅から徒歩3分のHinata英会話スクールで講師をしているNaokoです。

 

段々と暖かい日も多くなってきましたね。
春の訪れも、もうすぐそこまで来ているように感じます。
突然ですがここで、クイズです。
「春」と「泉」の共通点は一体何でしょうか?

 

答えは「spring(スプリング)」です。
この単語は、「春」と「泉」を意味します。どうして同じspringなのか皆さんご存知ですか?

 

実はこの単語の元々の意味は「突然飛び出す」です。
そこから「水が急に湧き出る様子」を表した言葉として「泉」を意味します。
また、同じように「湧水が豊富になり、木々が芽吹き始める季節」ということで「春」を意味します。
一見すると関係のなさそう言葉ですが、「暖かくなり冬の雪が解け出して水が湧き出る」、そして「暖かくなって植物が芽吹く」という春特有の共通の現象としてつながっているんですね。

 

因みに、springは、8~11世紀の時代に使われていたspringanから生まれた言葉です。この単語も「突然飛び出す」という意味を表していました。

 

そして、springにはもう一つ意味があります。
それは「バネ」です。
どうしてこの意味になるのか、もう皆さんはお分かりですね!

 

それではまた来週。
Keep on studying English!


Y様の体験レッスン感想を掲載いたします。