許可を表す「~してもよい」のcanの使い方について

こんにちは。戸塚駅から徒歩3分のHinata英会話スクールで講師をしているNaokoです。

 

今日は助動詞canについてお話します。
助動詞canには「~できる」の意味の他に、許可の「~してもよい」という意味もあるのはご存知ですか?
英会話ではこの「~してもよい」の方が、使用頻度が高いかもしれません。

早速、どのように使うのか見てみましょう。

 

You can eat this apple.                                 このリンゴを食べてもいいよ。
You can't smoke here.                                ここでタバコを吸ってはいけません。

 

疑問文で「Can I ~?」は、「~してもいいですか?」という意味になります。
例えば…
Can I borrow your pen?                             ペンを借りてもいいですか?
Can I speak to John?                              (電話口で)ジョンと話せますか?
Can I have this?                                         これをください。

 

こう尋ねられたら、下記のように答えてみて下さい。
Yes, you can.                                                はい、大丈夫です。
Yes, of course.                                             もちろん。
Yes, please.                                                  はい、どうぞ。

 

また、Yes以外の答え方もあります。
Sure.                                                             もちろん。
OK.                                                             いいよ。
No problem.                                                 問題ありません。

 

但し、気を付けて頂きたいのはNoで答えるとき。
No, you cannot.と言うとかなり強くキツイ印象になってしまうので(もちろん、強く表現したい場合は別ですが)、Noの場合はこのように言いましょう。
I'm afraid you can't.                                     残念ですが、してはいけません。
I'm sorry you can't.                                      申し訳ありませんが、してはいけません。

 

それではまた来週。
Keep on studying English!