相手と会話が続く魔法の言葉:「How about you?」

戸塚にある日本人講師による初心者、初級者のための英会話教室、Hinata英会話スクールのNaokoです。本日の

クラスの様子をお伝えします。

 

今週の宿題は、下記の英文を覚えて頂くことでした。
自分の意見を言うときや、相手の意見を訊ねるときの表現が中心でした。

 

31 言いたいことがあるのですが。      I have something to say.
32 私は違う意見です。              I have a different opinion.
33 考えがあるんだ。                                         I have an idea.
34 ひとこと言わせてください。                       I'd like to say something.
35 何かご提案はありますか?                            Do you have any suggestions?
36 どう思う?                                                   What do you think?
37 あなたはどうですか?                                  How about you?
38 こうすればどうでしょうか?                       How about this?
39 どうしてそんなに時間がかかるの?            Why is it taking so long?
40    これでは不十分です。                                 This is not good enough.

 

毎回、授業の始めに「How was your week?」を行います。
その時に、生徒さんから「話が続かなんです…」と言われることがあります。
自分の話がいちだんらくしたら、上記の表現を使って、こう続けてみるのはいかかでしょうか?

 

例えば、先日行ってきた京都旅行の話をした後であれば、
How about you? Have you ever been to Kyoto?
(あなたはどうですか? 今まで京都に行ったことはありますか?)
と話を相手に振ってみます。
そうすると、相手と会話のキャッチボールがうまれ、会話を広げることが出来ます。
黙っていては、会話は続きません。
是非とも、魔法の言葉を試してみて下さいね。

 

それでは、また来週お会いしましょう。
I am looking forward to seeing you next week!