助動詞canを使って、「出来る」ことを簡単に話しましょう!

こんにちは。戸塚駅から徒歩3分のHinata英会話スクールでママえいごを担当していますNaokoです。

 

今月から助動詞can(~出来る)を学習しています。
例えば、「私はピアノを弾くことが出来る」という言いたいときは、動詞の前にcanを入れて下記のように言います。

 

I can play the piano.

 

否定文にするには、canの後ろにnotを付ければOK。

 

I can’t play the piano.

 

また、「あなたはピアノを弾くことが出来ますか?」と疑問文にしたいときは、canを一番前に出すだけです。

Can you play the piano?

 

答え方は、

Yes, I can.  /   No, I can’t.

 

とっても簡単ですよね。

 

ペアワークで自分の出来ること、相手の出来ることを他の動詞も使って練習しています。
例えば、
speak English 英語を話す
swim  泳ぐ
play soccer サッカーをする
do karate 空手をする
eat spicy food  辛い料理を食べる
drive a car  車を運転する
drink wine ワインを飲む

また、「speak English」ではEnglishのところを「French」「Chinese」に変えて表現のバリエーションを増やします。

 

スポーツの動詞
球技や、競争相手がいて勝ち負けがあるスポーツの場合は、「play + (sport)」で表現します。例えば、baseball(野球)、soccer(サッカー)など。

レクリエーションとして楽しめるスポーツ、格闘技、ボールを使わないスポーツの場合は、「do + (sport)」の形で表現します。
例えば、yoga(ヨガ)、karate(空手)、judo(柔道)など。

 

来週はスクールカレンダー通り、レッスンはお休みになります。
それではまた再来週。
Keep on studying English!