Tongue Twister(早口言葉) 第二弾

戸塚にある日本人講師による初心者、初級者のための英会話教室、Hinata英会話スクールのNaokoです。本日のBeginnerクラスの様子をお伝えします。

 

今回は早口言葉コーナー第二弾ということで、こちらを練習しました。

 

A big black bug bit a big black bear.

(大きい黒い虫が大きい黒いクマを噛んだ。)

*bitはbite(バイト;かむ)の過去形になります。

 

これは、「b」の発音練習になります。

上唇と下唇を閉じた状態から、爆発させるように「ブッ」と発音します。

 

次に、上手に言えるようになるポイントをお教えします。

 

ポイント①

文中の冠詞「a」は、「A big」と「bit a」の部分で、それぞれ一つの単語のようにつなげて発音します。

「A big」は「ァビッグ」のように、「bit a」は「ビッタァ」のように言います。

 

ポイント②

リズムに乗る。

手をたたいたり、足踏みをしたり、頭を振ってもかまいません。

リズムとしては「ダッ、ダッ、ダッ、ダッ、ダッ、ダッ、ダッ」、というように、「ダッ」を全部で七回、均等に打ちます。

「ダッ(A big)、ダッ(black)、ダッ(bug)、ダッ(bit a)、ダッ(big)、ダッ(black)、ダッ(bear)」といった感じです。

 

このリズムが刻めれば、一息で三回言うのにチャレンジしたときもスムーズに行うことができます。

英語はリズムがとても大切な言語なので、早口言葉を練習しながら英語のリズム感も一緒に強化しましょう。

 

それでは、また来週お会いしましょう。

I am looking forward to seeing you next week!