It’s been a while.「久しぶり!」の英会話。

こんにちは、戸塚駅西口徒歩3分の英会話教室、Hinata英会話スクールの鶴岡です。本日のビギナークラスの様子をお伝えします。

 

お盆休みやらなにやらで、私がレッスンさせていただくのも今日が久しぶりでした。ということで、本日のレッスンは久しぶりに人に会った時の英会話から始めました。

 

誰かと久しぶりに会った時、「久しぶりですね!」とまず挨拶しますよね。「久しぶり」で良く知られている英語の表現は、

 

Long time no see.

 

かと思います。

でもこの表現、諸説あるようですが、実際にはあまり使われていないようです。私も、Long time no see.というとずいぶん長い間会っていないような感じがしますし、あまり一般的でなく、少し冗談めかした表現であるようにも思います。

 

私が外国人と英語で話して良く耳にするのは、

 

It’s been a long time.

や、

It’s been a while.

(ほかに、It’s been ages. It’s been quite some time.という言い方もあります)

 

です。このうち、It’s been a long time.も「a long time」なので、かなり久しぶりな感じがしますが、It’s been a while.は、「ちょっとしばらくぶり」という感じで、数週間ぶりにお会いした生徒さんたちにはぴったりなので、今日はこちらをお教えしました。ちなみにwhileというのは「短い間、しばらくの間」というような意味で、「ホワイル」というより「ワイル」と発音すればOKです。

 

さらに、How have you been?「お元気でしたか」とDid you have a nice holiday?「良いお休み過ごされましたか」もセットでお教えして、これらの表現に続いてお盆休みの会話をたっぷりと行いました。三つセットで続けて言っても良いと思います。

 

It’s been a while.

「久しぶりですね」

How have you been?

「お元気でしたか?」

Did you have a nice holiday?

「良いお休み過ごされましたか?」

 

ネイティブもとてもよく使う決まり文句に近い表現ですので、ぜひマスターしてください!