「なかなか英語が口から出てこない」という場合のアドバイス

戸塚駅西口徒歩3分にある英会話教室、Hinata英会話スクールの鶴岡です。本日のBeginnerクラスの様子をお伝えします。

 

本日も引き続き、daily routineを行いました。質問とその答えの「自問自答」練習をよくやってきていただいたようで、皆さんなかなかスラスラと言えるようになってきました。これからますます楽しみです。

 

ところで最近、「なかなか英語が口から出てこない」という声があちこちのクラスでちらほら聞かれるので、そうした場合のちょっとしたアドバイスをお伝えしたいと思います。

 

まずは、英語がなかなか口から出てこなくても、それは「当たり前」と割り切ることではないかと思います。英語は私たちにとって「外国語」であるし、これまで生きてきた中で日本語を話した量と英語を話した量を比べれば、英語の方が比較にならないほど少ないわけです。ですから、流暢に話せなくて当然なんです。「当たり前」と思えれば、少し気が楽になるのではないでしょうか。

 

次に、正しく言うことに気を取られ過ぎず言いたい事をとにかくまず伝えること、そして、英会話を楽しむことです。英会話を学ぶということは、コミュニケーションを学ぶということです。英語が正しく言えたからといって、本当に相手に伝わるとは限りません。伝わらなければコミュニケーションとは言えません。間違ってもいいから、まずは伝えることです。そして、相手と気持ちを伝えあい、それを楽しむことです。楽しみながら続けていれば、いつの間にか必ず話せるようになっていきます。

 

日常英会話は決して難しくありませんし、言葉なので誰でも話せるようになるのですが、それでも一朝一夕にはできるようになりません。でも、簡単ではないからこそ、話せることに価値があります。

 

まずは気軽に、間違ってもいいから、英語を話してみましょう。そして、気持ちを伝えあって、英会話を楽しみましょう!