I have a fever. 体調を崩してしまった時の英会話。

こんにちは。戸塚駅西口から徒歩3分のHinata英会話スクールでママえいごクラスを担当していますNaokoです。今日はスッキリしない天気でしたね。本日のママえいごの様子をお伝えします。

 

まずはペアを組んで先週のおさらいをしました。excitedやhungryなど、感情や状態を表す形容詞についてでしたが、K様が「I’m exhausted.」(イグゾースティド:tiredよりもっとくたくた)と感情豊か表現されていて嬉しかったです。これからもクラスで習った表現をドンドン使ってみて下さい。

 

今日の新しい学習は病気についてでした。「What’s the matter?(どうしたの?)」と質問を受けた後に言う表現を色々と練習しました。I have a cold. (風邪を引いた)の他にも、headache(頭痛)、toothache(歯痛)、sore throat(喉痛)、 runny nose(鼻水)、fever(熱)、cough(咳)、などもカードを使って発音練習を行いました。これらすべて、「I have a」に続けて言えば、ちゃんとしたセンテンスになってしまうのです(例)I have a sore throat.(私、喉が痛いの)。一度に覚えるのは難しいかもしれませんが、練習を繰り返して少しずつ語彙を増やしていきましょう。特に海外に行って体調を崩してしまうと大変なので、自分や家族の症状を英語で言えるようにしておくと安心です。

 

ママえいごらしい質問をT様から頂きました。「オムツ」は英語で何と言うか?答えはdiaper(ダイパ、あるいはダイアパ)です。今度から赤ちゃんのオムツ交換する時は次のように語りかけてあげてくださいね。


Let’s change your diaper! (オムツをかえようね~)

 

15:05からは大船のユリシーズの生徒様がお振替のクラスを受講されました。大船校(ユリシーズ)、辻堂校(ディディ)、横浜校(C.ダイアナ)、すべての教室で相互の振替ができますので、今後もご利用ください。お待ちしております。

 

それではまたお会いしましょう!
See you later!