英会話上達法⑤

英語力を短期間で身につける3つのコツ教えます②

その3:興味のあることを通じて英語を好きになろう

その3:興味のあることを通じて英語を好きになろう

英語を学ぶには、学ぶのにもっともな理由が必要です。
「なんとなく興味があるから」「英会話ができると有利だと言われているから」というだけではすぐに挫折してしまいます。

 

英語力を高めるためには、英語が好きになることが何より大切。
自分が興味のあることを通じて英語を好きになりましょう。
映画を字幕なしでいつか観てみたい、好きな海外アーティストの歌の歌詞を英語で理解したい、留学にチャレンジしてみたい、海外旅行でもっと英語を話したい、海外で生活をしてみたい、外国人の友達を作ってみたい…このような目的意識を持つことでさらに英語が好きになっていきます。

 

興味のある身近なことから
言葉はその国の文化そのもの。
日本以外の外の世界に興味を持っていない人は、言葉を覚えるモチベーションが低くなってしまいます。
外の世界に目を向けてみましょう。

 

自分の興味のある身近なことからで良いのです。
海外の情報やエンターテイメントなどに意識を向けてみましょう。
インターネットのおかげで、自分の興味ある分野の世界中の情報が、検索すれば無料で簡単に手に入ります。

 

こんな楽しい英語学習はいかがですか?
映画が好きな人はハリウッド映画俳優のゴシップ記事を英語で読んでみましょう。
サッカーが好きな人は気になる選手の動向を公式ウェブサイトやウェブ上の記事でチェックしてみましょう。
洋楽が好きな人は英語の歌詞や、お気に入りのアーティストの発信するメッセージなどにも興味を持ってみましょう。
楽器をやる人はyoutubeで無料のウェブレッスンを見つけてみましょう。

 

興味のあることなので、「英語の勉強」という感覚はありません。
夢中になってやっているうちに、英語力も自然に身についてしまうのです。
吸収力も断然違いますから、短期間で英語力がグッとアップします。
ぜひ、ご自身の興味あることを英語に結びつけて、楽しみながら英語が身につく自分自身の方法を見つけてみてください!

 

まとめ
英語力を短期間で身につけたいのであれば、まず学習目的をはっきりさせ、その目的に沿った効率の良い学習メニューを組みます。英語に毎日たくさん触れる環境づくりをしますが、特におすすめなのは英語をたくさん聞いて「英語耳」を作ること。そして何より、自分の興味のあることを通して英語が好きになり、楽しみながら英語が学べることが大切です。