英会話上達法②

英語の歌で、英語を学ぼう!①どうやって学ぶ?

私も英語の歌から、たくさんのことを学びました。英語の歌を題材にどうやって学ぶか、その学習方法について。

皆さまこんにちは、戸塚の英会話教室、「Hinata英会話スクール」代表の鶴岡です。


姉妹校のホームページ掲載の記事で、ほかの何人かの先生たちも言っていますが、英語、英会話を学ぶ上で、英語の歌はとても役に立ちます。
私自身も英語の歌からたくさんのことを学びました。


英語の歌からどうやって学べばよいか、その学習方法について、そして、どんなことが学べて身につくのかについて、二回に分けて書いてみたいと思います。

 

どんな歌を選ぶ?
その前に、まずどんな歌を選んだらよいかについて、少し触れておきます。
ほかの先生もお勧めしているように、やはりちょっとクラシカルな、あまり今どきではないものの方がよいと思います。
ビートルズ、カーペンターズ、フランク・シナトラなどが定番でしょうか。


近年の音楽はテンポが速すぎたり、歌詞がスラングや若者言葉だらけだったり、観念的過ぎたりして、意味の理解できないもの、味わえないものが多いです。


もちろん最近の歌でも歌詞をじっくり味わえるものはありますから、まずは「自分の好きなミュージシャン、好きな歌」という視点で選んでください。

 

どうやって学ぶ?
ひとことで言えば、「その歌が上手に歌える」ようになればそれでOKです。
上手と言っても歌の上手、下手ではなく、「自分の持ち歌になる」というような意味です。
自分が好きなミュージシャン、好きな歌ですから、「勉強する」という感覚ではなく、楽しく気持ちよく歌えるはずです。
はじめは一緒に鼻歌を歌う程度でもよいのです。

 

歌詞を入手して読む

もう少し深く学ぶとするなら、書かれた歌詞を入手して(たいていはインターネットで手に入ります)読んでみましょう。
有名な曲ならインターネットで日本語訳も手に入れることができます。
わからない個所は、日本語訳や辞書を使って自分で考えてみますが、それでもわからない場合はそれ以上突き詰める必要はありません。
「勉強」ではないので、感覚的に理解できればそれで構わないのです。

 

歌詞を音読

歌詞の意味が理解できたら、次は歌詞を味わいながら何度か音読してみましょう。
これでだいぶ馴染んでくるはずです。

 

曲と一緒に歌う

さらに、曲をかけながら一緒に歌ってみます。
はじめは歌詞を見ながら、そのうち見ないで歌えるまで繰り返します。
発音はなるべく歌手を真似てください。
発音しにくいところは巻き戻しして、そこだけ何度も繰り返してみましょう。

 

楽しく、気持ちよく歌う

とにかく楽しく、気持ちよく歌うことが大切です。
私の場合、仕事に行く途中車の中でCDを流し、それと一緒に大きな声で歌っていました。
私の下手な歌でも人に聞かれることはないし、とても気分の良い時間です。
こうして、その歌が気持ちよく滑らかに歌えるようになれば、さまざまなことが自然に身についていきます。

 

英語の歌からどんなことが学べて身につくのかについて、次の記事でお伝えします。

 

英語の歌で、英語を学ぼう!②どんなことが学べる?を読む