英会話上達法①

旅先の英語版パンフレットの意外な活用法!

観光地で無料で手に入る「パンフレット」日本語版だけでなく、英語版に注目してみましょう。思いのほか、いろいろなことが学べます!

皆さま、こんにちは。

横浜駅西口の姉妹校、C.ダイアナ English School講師のShihoです。

 

英語は、趣味と結びつけて習得するのがお勧めです。

関心のあることは、吸収も高まります。

例えば、音楽が好きなら洋楽を聞く。

映画が好きなら洋画を見る、といった感じです。

 

そこで今回は、観光が好きな方にピッタリの英語学習法をご紹介します。

ずばり、『英語版のパンフレットをもらう!』です。

 

外国人観光客が増えている今、ほとんどの観光地にはパンフレットがあります。

インフォメーションセンターなどに行けば、簡単に手に入るでしょう。

 

英語版のパンフレット入手には、次のメリットがあります。

 

1、無料

2、日本語の翻訳版が手に入る

 

観光地に置いてあるパンフレットは、基本無料です。

お勧めスポットやお店、その土地の歴史など端的に英語で紹介されています。

私は以前鎌倉に行った際にパンフレットをもらい、人気のお寺やレストランの情報を英語で楽しく知ることが出来ました。

テキストなどとは違い、お金がかからないのは嬉しいですね。

 

また、一緒に日本語の翻訳が入手できるのもお得です。

パンフレットには日本語版・英語版があり、内容はほぼ同じ。

つまり、両方もらえば辞書なしで英語のパンフレット理解できるのです!

私の受講生様は、よく観光地のパンフレット(日本語版と英語版)をお土産に持ってきてくださいます。

英語を学べますし、行った気にもなれて嬉しいプレゼントです(笑)。

 

『そんなに遠出する機会はないし…』という方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、最近ではデパートや美術館などにも英語版のパンフレットがあります。

普段よく行く場所で、ぜひ探してみてください。

きっと、面白い英語表現を知ることが出来ますよ。

 

ちなみに、英語圏ではパンフレットのことを【brochure(ブローシュア)】と言います。

海外旅行の際は、受付などで次のように聞いてみてください。

 

Can I have a brochure?

パンフレットいただけますか?

 

それでは、また次の記事でお会いしましょう…!