留学体験談④

海外留学生活のおはなし④ニューヨーク生活その2

語学留学生の食事事情はどんな感じ?留学先の食生活の様子をご紹介。

 語学留学経験者がニューヨーク生活と語学学校の様子をご紹介します。

 

私は料理が趣味で、海外旅行中には現地のおいしいものを探し、帰国後には同じようなものを作ってみることを楽しみにしています。ニューヨークは世界中からの移民で構成されている街、世界各国どんな料理のレストランもあります。そんな街に住んだらどれだけ豊かな食生活ができるのだろう、と楽しみにしていました。でも、現実はちょっと異なりました…。

 

日本スーパーでのショック
「世界各国料理はいつでも食べられる」と思っているからでしょうか。ニューヨークに着いた私が、自然に最初に探したのは、「日本のもの」でした。旅行と住むのとでは、食に求めるものが異なるようです。

 

「何でも手に入る」と留学経験者から聞いていたため、まずは日本スーパーへ行きました。ところが、

 

種類も品数も驚くほど少ない!
日本国内のスーパーでなら「見切り品」の棚にあるような食材ばかりが、日本の三倍もの値段で売られている!
納豆やぎょうざの皮が冷凍のショーケースに並んでいる!

 

・・・いろいろとショックで、この日は何も買わずに帰ってきました。

 

旅行と住むのとでは、味覚も異なる?
翌日からは、旅行ガイドブックで紹介されているようなものを買ってみました。クラムチャウダー、ニューヨーク・ピザ、ハンバーガー、ベーグル…。中華料理のテイクアウトもしてみました。

 

いろいろと買ってみたのですが、なぜか、どれもあまりおいしく感じない…。旅行中は珍しいと思って食べるからおいしかったの?旅行と住むのとでは、味覚も異なるのでしょうか。
 
おいしく感じないものを食べても楽しくないため、もう、日本食材にも和食にもこだわらず現地の食材を使って、自分で料理することに早々に決めました。

 

突然ですが、テイクアウト注文方法!
ちなみにニューヨークのレストランは、上記の食べ物以外でもテイクアウト可能なところがほとんどです。テイクアウトの注文は以下のようにすることができます。

 

1. お店に入って、店員さんと目が合ったらHello.とあいさつします。
2. すかさず、Can I order to go?  (持ち帰り用の注文をしていいですか?)と聞きます。
3. Yes.とかSure.とかの返事とともに、メニューを手渡されます。
4. メニューから料理名を指さしながら、This one, this one … That’s all. (これと、これと、…以上です。)のように言えば注文完了。That’s all.と言わないと、他のものも勧められます。
5. 名前を聞かれることがありますが、受取りのときの確認のためです。外国人には発音が難しい日本人名は、言うと何度も聞き返されることになるので、適当にナオミとかエリーとか、外国にもある名前を言うとよいです。
6. 出来上がってきたら、支払いをして品物を受け取ります。

 

地元のスーパーで、食材の違いに面食らう
現地の食材を使って自分で食事を作ることに決めた私は、近所のスーパー通いを始めました。地元の庶民派スーパー「D'AGOSTINO」が部屋から一番近かったため、よく利用していました。しかしここでは、

 

牛乳の種類が多すぎ!日本でいう「普通の牛乳」は一体どれなのっ?
「パン粉」って何ていうの?(Bread crumb と言いますが、日本のパン粉とは別物でした。)
にんじんが細ーい!きゅうりが太ーい!
鶏胸肉に皮がついていない!鶏もも肉は骨がついた状態のものしかない!骨を外して開いたものはないの?

 

などと、しばらくは日本との違いに面食らうことばかり。鶏肉は日本国内のスーパーで売られている鶏肉の状態とは、加工方法が異なるのでした。ニューヨークの鶏肉では、皮の部分を香ばしくパリパリに焼いたグリルチキンや、日本風のジューシーな鶏のからあげなどは、作れないことになるのです。

 

でも、それもすべて楽しい経験でした。

 

なお、食材の価格は全般的に日本より安いと感じました。貧乏留学生は自炊するに限ります。また自分で作ると、常に自分好みの味のものが食べられます。料理が趣味でよかったと思いました。

 

世界各国料理の方はその後も、友人たちと出かけた際に一緒に楽しむ程度にとどまりました。日本で外食するのと同じ感覚で、「国が変わっても自分の暮らし方は変わらないものだなぁ、これが「住む」ってことなのだなぁ。」と思いました。

 

エクササイズ!
先にご紹介したテイクアウトの注文は、旅行中にでもやってみると、住んでいる人の感覚をちょっとだけ体験できて楽しいと思います。注文の英語を三回だけ声に出して言ってみてください。そしてぜひ覚えて活用してみてくださいね!

 

海外留学生活のおはなし⑤ニューヨーク生活その3を読む