戸塚の教室ブログ(2018年10月の記事①)

スポーツの秋 joggingとmarathonの違いは?

こんにちは。戸塚駅から徒歩3分のHinata英会話スクールで講師をしているNaokoです。

 

10月になり、秋めいた過ごしやすい季節になってきましたね。
秋といえば「スポーツの秋」と答える方もいるのではないでしょうか?
かく言う私もここ最近はピラティスにハマっています。
お腹の周りに筋肉がついてくると嬉しいですね。
ただ、昔から走るのは苦手で、体育の時間のマラソンは地獄だったことを思い出します。
せめてジョギングからでも初めてみようかな?!

 

今日はスポーツの秋にちなんで、「jogging、 running、 marathon」の違いについてご紹介したいと思います。
皆さん、上記の単語の違いはご存知ですか?


実はニュアンスが異なります。

Jogging:体をほぐしながら、ゆっくりと一定のペースで気楽に走ることを意味します。
特に健康保持や気分転換のために走る場合に使われます。

 

Marathon:あらかじめ決められた一定の距離を走り、どれだけ短時間で走り切れるかを競走する競技になります。正式なマラソン(フルマラソン)になると距離は42.195キロになります。

 

Running:「走ること」を表すもっとも一般的な言葉です。ジョギングやマラソンのために走ることも含みます。

 

I've just started jogging every morning.
(毎朝、ジョギングを始めたところです)
上記のセンテンスを使ってみるためにも、ジョギングを始めてみるのはいかがですか?

 

それではまた来週。
Keep on studying English!

magazineは「雑誌」という意味だけじゃない?!

こんにちは。戸塚駅から徒歩3分のHinata英会話スクールで講師をしているNaokoです。

 

皆さん、辞書で英単語を調べている時に、「この単語って、こんな意味もあったんだ!」と驚くことはありませんか?
私は結構あります。
今日は、驚きの意味を持った単語を1つご紹介したいと思います。

 

magazine」の意味を質問すると、おそらく多くの人は「雑誌、マガジン」と答えると思います。
でも、もう一つの意味があることをご存知でしょうか?
実は「弾薬庫」です。
もちろん弾薬庫とは武器を入れて置く倉庫のことです。
どうして、弾薬庫と雑誌が同じ単語なのでしょうか?

 

今、私たちが使っている「雑誌」の意味でこの単語が使われるようになったのは16世紀頃と言われています。
それ以前では、「倉庫」という意味で使われていました。
もともと、この単語はアラビア語だったそうです。
15世紀にグーテンベルグ(Gutenberg)によって活版印刷機が発明され、印刷物が大量に出回るようになりました。
それにより、今までなかった「雑誌」という書物ができましたが、適当な名前がありませんでした。
そこで「倉庫」という意味を持つmagazineが「活字によって伝えられる知識・情報の倉庫」という新しい意味で使われるようになったのが始まりと言われています。

 

英単語の歴史を調べるとより深く意味が知れて面白いですね。

 

それではまた来週。
Keep on studying English!