戸塚の教室ブログ(2018年8月の記事②)

豚肉にmeatを使うのはダメですか?

こんにちは。戸塚駅から徒歩3分のHinata英会話スクールで講師をしているNaokoです。

 

先日のレッスン時に、生徒さんからこのような質問を受けました。
「なんで豚肉はpig meatとは言わないの?」


確かに、あまりpig meatと言っているネイティブの方を見かけたことはないように思います。
おそらく、通じないことはないと思いますが、一般的には「pork(ポーク)」と言います。

でも、皆さんの中に「alligator meat(アリゲーター ミート):ワニの肉」を見たことや聞いたことがあるという方もいるかもしれません。
では、どのようにmeatを使い分けるのでしょうか?

 

実は、この質問に答えるためにはイギリスの歴史を遡られければいけません。
イギリスは11世紀にフランス人と北欧人の混血民族ノルマン人に征服されたことがあります。
その影響で、13世紀後半から15世紀の初めの間、英語はフランス語の単語をたくさん使うようになりました。
その一つの例がporkです。フランス語で「porc」が「pork」になりました。
そして、生きている豚を「pig」、料理用の豚肉を「pork」と区別するようになりました。
因みにフランス語だと「porc」はどちらの意味にも使えます。


そして、この時代に食していなかった肉に関しては、「○○ meat」と言うようです。
英単語を知ることで、歴史も一緒に学べて面白いですね。

 

それではまた来週。
Keep on studying English!