戸塚の教室ブログ(2018年3月の記事①)

春だ!英語を始めよう!! NHKラジオ講座勉強法

こんにちは。戸塚駅から徒歩3分のHinata英会話スクールで講師をしているNaokoです。

 

気温が上がり、春らしくなると何か新しいことを始めたくなりませんか?
私のモットーでもある
There is no time like the present.
がピッタリの季節です。
「今にまさるときはない!」というのが直訳ですが、「思い立ったら吉日」とも表現できます。
そんなやる気を是非とも逃さず、思い切って英語の勉強を始めてみましょう!
もちろん、当スクールに来てレッスンを受けていただくのが一番のお薦めですが、お家での学習としては「NHKのラジオ語学講座」もお薦めです。(もちろんテレビ講座でもOKです)
通常、各講座の内容も4月から新しくなるので、とても始めやすいです。
また、時間も一日10~15分と短めで続けやすく出来ています。
そして、始めるときは必ずテキストを購入して下さい。
テキストにはスクリプト(英語の原稿)が載っているので、音声を聴いた後に分からないところは必ずスクリプトで確認して下さい。
(今はラジオがなくても、インターネットでNHK語学サイトのストーミング機能から音声が聴けます)

 

また、ただ番組を聴くだけではもったいない!
自分でも声に出して何度も練習しましょう。
ポイントは、必ずネイティブの音声をよく聴いて真似ること。
その役に成り切ったつもりで、アクセントやイントネーション、息遣いなどを含めて全て同じように言えるようになるまで練習してみて下さい。

 

最後のアドバイスは…
余り欲張らず、まずは1つの講座から始めてみましょうね!

 

それではまた来週。
Keep on studying English!

「春」と「泉」の共通点は何でしょう?

こんにちは。戸塚駅から徒歩3分のHinata英会話スクールで講師をしているNaokoです。

 

段々と暖かい日も多くなってきましたね。
春の訪れも、もうすぐそこまで来ているように感じます。
突然ですがここで、クイズです。
「春」と「泉」の共通点は一体何でしょうか?

 

答えは「spring(スプリング)」です。
この単語は、「春」と「泉」を意味します。どうして同じspringなのか皆さんご存知ですか?

 

実はこの単語の元々の意味は「突然飛び出す」です。
そこから「水が急に湧き出る様子」を表した言葉として「泉」を意味します。
また、同じように「湧水が豊富になり、木々が芽吹き始める季節」ということで「春」を意味します。
一見すると関係のなさそう言葉ですが、「暖かくなり冬の雪が解け出して水が湧き出る」、そして「暖かくなって植物が芽吹く」という春特有の共通の現象としてつながっているんですね。

 

因みに、springは、8~11世紀の時代に使われていたspringanから生まれた言葉です。この単語も「突然飛び出す」という意味を表していました。

 

そして、springにはもう一つ意味があります。
それは「バネ」です。
どうしてこの意味になるのか、もう皆さんはお分かりですね!

 

それではまた来週。
Keep on studying English!


Y様の体験レッスン感想を掲載いたします。