戸塚の教室ブログ(2017年12月の記事①)

「Jingle Bells:ジングルベル」を英語で歌えるようになろう!

こんにちは。戸塚駅から徒歩3分のHinata英会話スクールでママえいごを担当していますNaokoです。

 

今月からDecember(ディッセンバー)12月ということで、クリスマス・ソングをご紹介しました。
英語で歌が歌えるように練習してみましょう!
英語で歌を歌うと、発音も良くなるしリスニング力もアップするし、英語の歌詞を味わい楽しみながら自然に英語の感覚が身につくし、いろいろ良いことがあるんですよ。

 

曲名は皆さんお馴染みの「Jingle Bells:ジングルベル」です。

 

Dashing through the snow
ダシン スルー ダ スノー
In a one-horse open sleigh
イナ ワンホーソーペンスレ
O'er the fields we go
オダ フィスィゴー
Laughing all the way
ラフィン オー ダ ウェー
Bells on bob tails ring
ベルゾ ボブテ リン
Making spirits bright
メイキン スピリッ ブライ
What fun it is to ride and sing
ワッ ファディ イツ ライダン スィン
A sleighing song tonight
ア スレイン ソン トゥナイ

 

Oh! Jingle Bells Jingle Bells
オー ジングーベル ジングーベル
Jingle all the way
ジングー オー ダ ウェー
Oh, what fun it is to ride
オ ワッファン イディズ トゥライ
In a one-horse open sleigh
イナ ワンホーソーペンスレ
Hey! Jingle Bells Jingle Bells
ヘイ ジングーベル ジングーベル
Jingle all the way
ジングー オー ダ ウェー
Oh, what fun it is to ride
オ ワッファン イディズ トゥライ
In a one-horse open sleigh
イナ ワンホーソーペンスレ

 

雪を分けて進め 一頭立てのそりで 雪原を越えて 笑顔でどこまでも
馬の尾の鈴の音が 僕らを明るくする 今夜、そりで歌う歌は楽しいのさ
鈴が鳴る 鈴が鳴る どこまでも オー、一頭立てのそりは楽しいわ
鈴が鳴る 鈴が鳴る どこまでも オー、一頭立てのそりは楽しいわ

 

それではまた再来週。
Keep on studying English!

「お気の毒に」は英語で何と言う? 英語での慰め表現を学びました!

戸塚にある日本人講師による初心者、初級者のための英会話教室、Hinata英会話スクールのNaokoです。本日のBeginnerクラスの様子をお伝えします。

 

本日体験レッスンに来てくださりましたT様、ありがとうございました。

 

今週の宿題は、下記の英文を覚えて頂くことでした。
悲しんでいたり、落ち込んでいたりする人を慰める表現です。

 

21 あきらめてはだめだよ。       Don't give up.

22 それはお気の毒に。         I'm sorry to hear that.
23 おつらいでしょうね。           It must be hard.
24 何といっていいのかわかりません。  I don't know what to say.
25 君のせいじゃないよ。        It's not your fault.
26 自分を責めないで。           Don't blame yourself.
27 大丈夫だよ。                                     You'll be okay.
28 よくあることだよ。                          It happens.
29 そんなに落ち込まないで。                Don't be so depressed.
30 提案があります。                              I have a suggestion.

 

いつもクラスでお伝えしているのですが、是非とも練習する時から、感情を込めて取り組んで下さい。
楽しい話は楽しく、悲しい話は悲しく。
俳優・女優になりきったつもりで練習してみましょう。
今週のフレーズは、慰める表現なので、相手にそっと寄り添い共感する感じを意識してみて下さい。
英語も日本語と同じく、気持ちや思いを伝える「言葉」であることを忘れずに!

 

それでは、また来週お会いしましょう。
I am looking forward to seeing you next week!

 

T様の体験レッスン感想を掲載いたします。