戸塚の教室ブログ(2017年11月の記事③)

英語での大きな数字の読み方のコツ!

こんにちは。戸塚駅から徒歩3分のHinata英会話スクールでママえいごを担当していますNaokoです。

 

今日は、英語での大きな数字の読み方を学習しました。
英語での数字は苦手な方が多いのですが、実は英語の方が日本語での数字の読み方よりコツをつかめば簡単なんです!

 

1 …………....… one
10 ……..…...… ten
100 ……..….… one hundred(ハンドレッド)
1,000 ……….… one thousand(サウザンド)
10,000 ……..… ten thousand
100,000 …….… one hundred thousand
1,000,000 …..… one million(ミリオン)
10,000,000 …... ten million
100,000,000 …. one hundred million
1,000,000,000 ... one billion(ビリオン)

 

3桁数字が増えるごとに読みやすくするためにコンマがつきます。
最初のコンマは「thousand 」、2つ目のコンマは「million」 と読みます。
コンマの左の数字以外は3桁の数字の読み方に準じて読みます。
3桁の数字の読み方は、178であれば「one hundred (and) seventy-eight」と読みます。
*イギリス英語ではhundred の後に「and」をつけますが、アメリカ英語では「and」はつけません。

 

4桁以上になった場合、まずコンマの左の数字を読み、コンマの「thousand」を読みます。残りの3桁は上記の3桁の数字の読み方に準じます。
例えば、
2,523  「two thousand five hundred (and) twenty-three」
87,504  「eighty-seven thousand five hundred (and) four」
同じように7桁になっても、2つ目のコンマは「million」と読むので、
5,315,502  「five million three hundred fifteen thousand five hundred (and) two」

 

ポイントは、コンマと3桁ずつ読むということです。
何度も声に出して練習してみて下さいね。

 

それではまた来週。
Keep on studying English!

3人称単数現在形を使った英会話をスタートしました!

戸塚にある日本人講師による初心者、初級者のための英会話教室、Hinata英会話スクールのNaokoです。本日のBeginnerクラスの様子をお伝えします。

 

今日から、3人称単数現在形について学習を始めました。
3人称単数とは、「I(わたしは)とyou(あなたは)以外の1人の人や1つのものすべて」です。
基本的には動詞の語尾に「s」を付けます。 
know → knows
ただし、語尾が「-s、-x、-ch、-sh、‐o」の時は「es」を付けます。
miss→misses
mix→mixes
teach→teaches
finish→finishes
go→goes
「子音+y」の場合は語尾のyをiに変えて「es」 を付けます。
study → studies

 

以上のことをふまえて、「Daily Routine(日課)Basic版」を使って、まずは主語をHe、She、My sonなどにして、動詞に「s」を付ける練習をしました。

 

My son gets up.     (私の息子は起きる)
Naoko has breakfast.  (ナオコは朝食を食べる)
He goes to school.   (彼は学校へ行く)
She finishes school.   (彼女は学校が終わる)

 

また、以下のような自分で疑問文を作りそれに答える「自問自答練習」を行いました。
What time does he usually get up? (彼はいつも何時に起きますか?)
He usually gets up at about 7:30.    (彼はいつも約7時半に起きます)

 

慣れるまでは少し難しく感じるかもしれませんが、もう少し練習を続けてスムーズに言えるように頑張りましょう。来週も続きを行います。

 

それでは、また来週お会いしましょう。
I am looking forward to seeing you next week!