戸塚の教室ブログ(2017年11月の記事②)

Tongue Twister(早口言葉) 第四弾

こんにちは。戸塚駅から徒歩3分のHinata英会話スクールでママえいごを担当していますNaokoです。

 

今日はTongue Twister(早口言葉)第四弾ということで、下記の早口言葉をご紹介しました。
これは、マザーグースの一節になります。
マザーグースは言葉遊び的要素が強いので、あまり意味は深く考えず、音を楽しんでチャレンジしてみて下さいね。

 

Peter Piper picked a peck of pickled peppers.
ピーター・パイパーは1ペックの酢漬けの唐辛子をつまんだ。

 

解説
Peter Piper(ピーター・パイパー)は人名です。
pick(ピック)は動詞で「~をつまむ」という意味があります。
peck(ペック)は容積の単位で、one peckが約9リットルになります。
a peck of~で「~がたくさん」という意味もあります。
pickle(ピクル)は動詞で「~を酢漬けにする、ピクルスにする」という意味です。
pepper(ペッパー)は名詞で「胡椒、唐辛子」という意味があります。

 

ポイントは「a peck of」の部分を、リエゾン(音をつなげること)をかけてまるで一語のように「アペクオブ」と発音することです。
そうすると、リズムよく発音することができます。

 

「p」(プッ)の音が続くので、なかなか難しいとは思いますが、練習を続けると上手に言えるようになりますよ。

隙間時間を見つけて、練習してみて下さいね。

 

それではまた来週。
Keep on studying English!

 

決まり文句を覚えよう!

戸塚にある日本人講師による初心者、初級者のための英会話教室、Hinata英会話スクールのNaokoです。本日のBeginnerクラスの様子をお伝えします。

 

生徒さんからのご要望もありまして、今日から宿題を出させていただくことになりました。
一週間で10フレーズを覚えてきて頂きます!
皆さんの英語に対するモチベーションの高さに、講師としても大変嬉しく思います。

 

英語はどうしても、「暗記する」という作業を避けることが出来ません。
なぜなら、覚えていない英単語や英文は口から出てこないからです。
そのためにも、決まり文句のストックを頭に入れておくことは、とても大切な学習になります。

 

今日クラスでご紹介したのが下記の英文になります。
どれも短いですが、瞬間的に言おうとするとなかなか口から出てこないので、この機会にスムーズに言えるように練習しましょう。

 

01 すみません。            Excuse me.
02 この席に座ってもいいですか?     May I sit here?
03 今何時ですか?           Do you have the time?
04 何か落としましたよ。      You dropped something.
05 話しがあるのですが。      I have something to tell you.
06 ちょっといいですか?       Can I talk to you?
07 お話し中にすみません。     Sorry to interrupt.
08 おめでとう !             Congratulations!
09 お祝いをしよう!           Let's celebrate!
10 私も嬉しいよ。良かったですね。   I'm very happy for you.

 

それでは、また来週お会いしましょう。
I am looking forward to seeing you next week!