戸塚の教室ブログ(2017年9月の記事④)

女性必見!「生理」にまつわる表現あれこれ

こんにちは。戸塚駅から徒歩3分の英会話教室、Hinata英会話スクールでママえいごを担当していますNaokoです。本日のママえいごクラスの様子をお伝えします。

 

今日は、女性特有の英語表現についてご紹介しました。

毎月悩まされている方も多いのではないでしょうか?

そう「生理」についての言い方です。

体調が悪くなったり、イライラしたりすることもありますよね。

 

「生理中です」

まずは、「生理中です」という言い方を見ていきましょう。

「期間、時期」という意味の単語「period」を使います。

日本語では「ピリオド」ですが、英語では「ピアリアドゥ」のように発音します。

月1くらいで周期的に来るものなので、こういう表現になります。

I'm on my period.

I’m having my period.

 

「生理」の婉曲表現

日本語でもそうですが、直接「生理」という単語を使いたくない時、もしくは使えない時もありますよね。

そんなときは、「period」を使わずにこんな風にも表現できます。

「生理」の婉曲表現(遠まわし表現)ですね。

I'm having girl's day. (女の子の日なの)

It’s that time of the month. (月一のあれなの)

 

「生理でお腹が痛い」

また、生理痛でお腹が痛いときは、こう言います。

I have cramps.

crampは「筋肉のけいれん、ひきつり、こむらがえり」を意味しますが、女性の月経痛にも使えます。この場合は最後に複数形の「s」をつけましょう。

 

「生理が遅れている」

なかなか生理が来なくて遅れているときは、この表現で。

My period is five days late. (生理が5日も遅れている)

 

生理前の不快症状

生理が始まる前におこる、イライラや頭痛などの不快症状。

これは、PMS(premenstrual syndrome:プレメンストラル・シンドローム)「生理前症候群」といいます。

I have PMS. (生理前でイライラする)

 

毎月来るものですから、この際英語で言えるようにしちゃいましょう!

 

それではまた来週。

See you next week!

 

家で出来る「リスニング」の勉強法について オーバーラッピング&シャドーイング

戸塚にある日本人講師による初心者、初級者のための英会話教室、Hinata英会話スクールのNaokoです。本日のBeginnerクラスの様子をお伝えします。

 

リスニングは大切!

今日はクラスで「リスニング」の勉強の仕方についてお話させて頂きました。

スピーキング力をつけるのもとても大切なことですが、やはりリスニング力も欠かせません。

なぜなら、相手が話していることが分からなければ、円滑なコミュニケーションは難しくなるからです。

クラスではどうしても時間の都合上、十分に取り扱うことが出来ないので、是非ともお家でリスニングの勉強をして頂きたいです。

 

NHKラジオ英会話講座がお勧め

リスニング学習にお勧めなのはNHKラジオ英会話講座です。

ラジオと言っても、この時代なのでネットのストリーミング機能で聴くことも可能です。

一度、色々な講座の音声を聞いてみて、自分のレベルに合う講座を探してみて下さい。

ビギナーの方であれば「基礎英語1」から始めることをお勧めします。

 

ラジオ講座を一度聴いて、それだけで終わりにしてはもったいない。

是非とも声に出して、何度も練習してほしいのです。

 

まずは、オーバーラッピング

まずは、オーバーラッピングをしましょう。

オーバーラッピングというのは、英文を見ながらCDといっしょに音読することです。

抑揚やポーズ、イントネーションなど意識しながら、同じように真似て発音練習してください。

 

次に、シャドーイング

これに慣れたら、シャドーイングです。

シャドーイングとは聞いた英語をそのままマネして口に出すことです。

出来たらスクリプト(テキストの英文)を見ないで行います。

慣れるまでは難しく感じるかもしれませんが、効果は高いです。

私事で恐縮ですが、私はシャドーイングが大好きで、毎朝欠かさず行っています。

 

それでは、また来週お会いしましょう。

I am looking forward to seeing you next week!